Aska Temple

All about John Ubel and Aska Temple

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

ペパーランド

セフが、ディレイとペダルワウのかかったフェンダージャパンに、ファズとディストーションのスイッチをプーツで入れた時、
         その爆音と共に、
         照明のスモークの上に、
         何か時空を駆けていく。

或る切腹

  城主が、その切腹を命じたのは、姫君との道ならぬ恋の果て。
 ただ彼女の一方的な想いが、
    その少年の切腹で幕を閉じた。

     荒城の月

 結核病みの
      早熟の少年

 一族の男は、次々と毒殺され。

 セフには、彼等の書物と刀は

 封印されたまま。

アイアンのドラムにフランジャーがかけられ、セフのマーシャルアンプが爆音を上げた。
マリエンヌがファズのスイッチを入れた時、



それは、鬼ノ城の戦いだった。

凄絶な戦いの亡霊達が、
セフたちの演奏にとりついた。

観客の誰もが耳を塞ぐ。

その演奏でぐるぐる廻っている爆音は、今でもなお続く。

鬼ノ城の戦いの音だった。

スポンサーサイト

テーマ:自作小説 - ジャンル:小説・文学

弓場宗治の世界 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<ソーニャ | ホーム | ’83年のあの頃の事>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。