Aska Temple

All about John Ubel and Aska Temple

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

太 陽 の 陽 の 下 で

スザンヌの伯母さんが、神社にやって来た時、

ちょうど17才のセフは、スケッチプックとギターを抱えて、

神社の社の下に座っていた。

「まあ弓場さん、あらこんなに可愛らしい娘を連れて。」

マリエンヌがセフの傍らにいた。

スザンヌの伯母さんとセフとマリエンヌが、

神社の社の階段の下に立った時、その日曜日の午前の太陽は、

素晴らしいプルーとオレンジの光線を放ち、

その神社の扉は、

セフとマリエンヌとスザンヌの伯母さんの十字架で、

セフが「開けゴマ!」と言った暖間に、

開いた。

三人は狂喜して、社の上ではしゃいだ。

その午前の太陽は、一等素晴らしい日光を三人に与えていた。

ミツションスクールの図書館の司書さんが

その光の乱舞に加わった。

池には、大きな鰹が無数に泳いでいて光に反射する鱗たちが

とても美しかった。

セフはその神社の光の乱舞を、いつも恩い出す。

そしてあの日が、二度と戻らない事に

現実の厳しさを知るのである。
スポンサーサイト

弓場宗治の世界 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<生 成 万 成 の 部 屋 | ホーム | 禿 山 の 朝>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。