Aska Temple

All about John Ubel and Aska Temple

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

真 夏 の 夜 の 再 会

 ロレーヌがセフの自慰行為の度に、セフのベッドに現れたのは、夏が終わろうとしていた、虫の音が響く季節だった。
 昔、ビルの一室で隠れるように抱擁しあっていたセフとロレーヌは、その季節から毎夜交わりを繰り返していた。幽霊か妖怪か、そんな事はセフにはどうでもよかった。再びロレーヌと毎夜再会し、抱擁できればそれでよかったのだ。
 セフは毎朝やつれていった。ただロレーヌが毎夜セフのベッドに一緒にいた。ただそれだけだった。ただそれだけでよかった。
 悪霊に取りつかれたようにセフはやせていった。ロレーヌはセフが強制入院されるまで毎夜訪れた。そしてまたロレーヌは別の女をセフによこす。
 出雲神社の札がセフの家の神棚に、伊勢神宮と三輪神宮の札の横にある。ロレーヌが持つてこさせたのだ。
 セフの十字架は何の役にも立たなかった。
 ロレーヌはまた別の女を毎夜セフのベッドに送ってくる。

スポンサーサイト

テーマ:自作小説 - ジャンル:小説・文学

弓場宗治の世界 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<禿 山 の 朝 | ホーム | 青 の 時>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。