FC2ブログ

Aska Temple

All about John Ubel and Aska Temple

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

巻 き 毛 の 髪 を 持 っ た 男

 その少年の髪は、美しかった。

ミッションスクールの冬の陽射しが

その少年の髪に天使の輪を作らせた。

 或る春の日、少年の友はその髪の持ち主と歩くのを嫌がった。


 少年の髪は、美容師に痛めつけられ、ボロボロになった。

 幾度となく少年の髪は、天使の輪と巻き毛を取り戻し、知っている女だけが

ニタニタと笑う材料になった。


 少年が成人した時、精神科医が彼の髪を切らせる役割になった。

何故セフはその髪故に傷めつけられねばならないのか。


 看護婦がセフの髪を妬む。

セフの見事な長髪の巻き毛は、またその美しさ故に切られた。

二度と女より美しい髪を持たせぬように、

ズタズタにカットされたセフの髪。

 しかし不死鳥のように甦るセフの巻き毛。

今度はどの女がセフの髪をズタズタに切り裂くのだろうか?


 あなた?    いや   君?

スポンサーサイト

テーマ:自作小説 - ジャンル:小説・文学

弓場宗治の世界 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<レ テ | ホーム | カ ー シ ャ 野 薔 薇 の 棘>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。