FC2ブログ

Aska Temple

All about John Ubel and Aska Temple

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

十 字 架 の 丘

 60年代の終わり、

十数人の長髪の少年達が

村にやって来た。

 皆、フォークギターを持って、

歌を歌いながら、コミューン生活をしていた。


 村人は、容赦なく当然のように

その十数人の少年達全員を

惨殺した。


 誰かがひっそりと

その十数人のために

白い十字架を建てた


 その十数人の十字架のある

丘の上には、少年達の私生児のための学校が建てられた。


 私生児達が、普通の学校に移り、慣れ親しみ、

都会の学校に進学した時、

村人達は、十字架と学校跡を破壊した。

 あとには、田園の風景だけが残された。

スポンサーサイト

テーマ:自作小説 - ジャンル:小説・文学

弓場宗治の世界 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<媒介を犠牲とした共同性の残虐を二度と繰り返さないために | ホーム | 強 制 入 院 に 至 る セ フ の 葛 藤>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。