Aska Temple

All about John Ubel and Aska Temple

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

ヘーゲル「精神現象学」を読む Part17

ヘーゲル「精神の現象学」B 自己意識 IV 自分自身だという確信の真理 Die Wahrheit der Gewissheit seiner selbst  
B 自己意識の自由、ストア主義とスケプシス主義と不幸な意識  Freiheit des Selbstbewusstseins;Stoizismus,Skeptizismus und das ungluckliche Bewusstsein


(一)ストア主義

  「自立的な自己意識(主)にとっては、一方では、ただ、自我、という、純粋抽象だけが、自分の実在であるが」

  「これに対して、己れのうちに、押しもどされた、意識(奴)のほうは、形成するに当たって、形成せられた、諸物の形相として、自分が対象となることを、認めているし、」
  「また、これと、同時に、主において、この意識は、対自存在が意識であることを、(客観的に)直感している。」

  「自由な自己意識である。」

  「いったい、『表象』の場合には、『これこれが、自分の表象である』ことを、意識が、取り立てて、予め、ことわっておく必要があるのに」
  「概念は、私にとって、直ちに私の、概念である。」
  「思惟において、自我は自由にある。」

  「この形態の対象が、即自存在と対自存在との統一ではあっても」
  「この統一が、直接的な統一だといえるということである。」

  「自己意識のかかる自由は、自覚的な現象として、精神史において、登場したときには、周知のごとく、ストア主義とよばれてきたものであるが」
  「この主義の原理は、意識が、思惟するものであること」
  「また、或るものが、意識に対して、実在性を、もつのは」
  「意識に対して、真ないし、善であるのは、意識が、思惟するものとしての態度をとって、それに、関係する場合だけだ、ということである。」

  「『自由』と、言っても、ただ、自由の概念であるに、すぎないのであって、活き活きとした、自由自身ではない。」
  「まことに、この自由にとっては、まだやっと、思惟一般が、即ち、諸物の自立性から、離れて、己れのうちに、退いた、形式のものが、実在であるにすぎないのである。」

  「だから、ストア主義は、当時よく用いられた、言葉で言えば、およそ、真理一般の標準とは、なんであるかと」
  「即ち、いったいぜんたい、思想そのものの内容とはなんであるか、と、問われた、ときには、当惑におちいったのである。」
  「ストア主義に向かって、なにが善であり、また、真であるかと、問うと、この主義は『真なるもの及び、善なるものは、合理性のうちに存するはずである』という。」
  「またもや、無内容な思想そのものを、もって、解答として与えたが」

  「かくして、この、思惟する意識は、自分で自分を、抽象的な自由であると、規定したが」
 
  「この意識は、対他存在の不完全な否定であるにすぎない。」

スポンサーサイト

etc | コメント:0 | トラックバック:0 |
| ホーム | ヘーゲル「精神現象学」を読む Part16>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。