FC2ブログ

Aska Temple

All about John Ubel and Aska Temple

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

鎌倉時代の遺跡

UBELの住む、明日香村、キトラ古墳の近くで、
鎌倉時代の住居跡が発掘されている。

UBEL家が、朝鮮半島から、日本に帰化したのは、
モンゴルの来襲に敗れて、逃げて来た、鎌倉時代から。

それ以前は、ファンラン(花郎)と、呼ばれる、朝鮮貴族の芸術家集団だったらしい。

鶴橋駅で、在日の女の子から、
良いクラシックギターをもってる長髪の、僕を観て
「ファンラン、裏切り者!」
と、ハングル語で叫ばれた。

まあ、UBEL家には、ドイツ人の血も入ってる、高取城士族の、立派な日本人ですけどね。
スポンサーサイト

etc | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<ヘーゲル「精神現象学」を読む Part2 | ホーム | ASKATEMPLE 形而上学シリーズ>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。