FC2ブログ

Aska Temple

All about John Ubel and Aska Temple

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

クリスチャンといっても何処の教会に属しているわけでもない。

ST.ANDREW アンデレ教会は、スコットランドの教会で、イギリス国教会がバックにあります。
ST.ANDREW'S BOY'S HIGHSCHOOLには、カンタベリーホールというのがあり、そこで、LIVE演奏したりしました。


ドイツプロテスタントの牧師を、やっていたのは、3歳の時、三ヶ月だけで、ずっと休眠牧師です。
アンデレ教会と、契約をしたのは、もちろん、宗派が違うからです。

ST ANDREW アンデレ教会は、もちろん、スコットランドの、国教会とは違います。イギリス国教会の下の教会です。
その辺の事情は、教育を受けましたが、忘れました。
共産党の先生が、アンデレ教会の洗礼も、受けて、或る試験にパスして、特殊な資格を取った僕を、必死に、教会から離そうとしたのです。
その資格は、3歳の時、一度取って、17歳の時に、もう一度、取りました。それなのに、まるで普段は、劣等生の馬鹿だったので、
僕の資格を横取りするのが、その先生の、目的だったのです。また、牧師に戻したくもなかったそうです。

大阪の天王寺に、小さな教会が、ST .ANDREW'S HIGH SCHOOLの横にあります。
ST.ANDREW'S HIGHSCHOOLには、アメリカに姉妹校があり、交換留学生がいました。


アンデレ教会は、日本では、日本聖公会に属する、教会です。プロテスタントとカトリックの仲介役をするのが、日本聖公会です。
今は、クリスチャンと言っても、何処の教会に属しているわけでもありませんし、高校のアンデレ教会も、大人になって、出入りする、教会ではありません。
そのへんの事情は、放っといて下さい。僕は、イエスキリストの、十字架の前には、簡単に、跪きます。神の下僕として。

スポンサーサイト

etc | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<カント「純粋理性批判」を読む Part21 | ホーム | 宗派>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。