FC2ブログ

Aska Temple

All about John Ubel and Aska Temple

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

Over The Equinox

NEU NICHTS 024
Over The Equinox / Aska Temple
nr024.jpg

1. Over the equinox
2. Live Justine at Housei Univ.

 いつだって浮世離れ度No.1バンド=Aska Templeの泰然自若&超然とした作風と正反対のことをいきなり書いてしまって誠に恐縮だが、実際のところ、JOHN UBELこと弓場宗治はもうすぐ40才だ。『Over the equinox』。「昼夜平分時を超えて」というタイトルから「これは平均寿命79才の日本男子としての弓場の『人生折り返し地点宣言』なのではないか」という平凡な連想をしてしまった。

 その表題曲は荘厳なパイプオルガンの長音を左トラックに、右には比較的短いパッセージで音色が変貌するシンセサイザー演奏を、完全に左/右分断した形で配した23分以上にわたる長編である。再び安易な連想をするならば、左チャンネルは彼の追憶。つまり、重篤な疎外と逸脱を重ねた UBELの神経を蝕んだ過去の無明の闇の音。被害関係妄想を誘発し続けた孤独。漆黒の牢獄の世界。彼を襲うネガティブな仮想敵との長い長い闘争の背景にずっと鳴っていた音なのではないか。一方、右は未来のUBEL。めまぐるしく高揚と下降を繰り返す。眩暈のように悪夢のようにジェットコースターのように DNA状に絡みつく音像。しかし、それは開放的で、柔和で、生来の弓場という優しい男の奏でる音だ。煌き、瞬き、美しく輝く未来のメロディの群れ。

 願わくば、まず左トラックだけを、続いて右トラックを、そして最後にヘッドホンで左右のトラックを同時に聴いてほしい。過去と未来の音を同時に鳴らすことによって照射される現在。時間軸の切っ先が聴く者の脳に突き付けられる。それは今、生きているということの意味を問うJOHN UBELという天使の一撃である。

 若者たちよ。例えばフィッシュマンズなんていう糞バンドの商業サイケデリアとかダウンロードした無料ソフトで簡単に作れちゃうダブとかエレクトロニカなどと呼ばれる簡素なデスクトップ音楽に「宇宙」を見る暇があるなら、この曲「Over the equinox」の美しい孤独に映る、己を見よ。この左右のチャンネルの間に屹立する、現在を見よ。

 表題曲で過去に蹴りを付けたかのように思えるJOHN UBELの音楽的アウフヘーベンの継続はバンド編成でのASKA TEMPLEでも顕著だ。彼らのライブは常に過去を古くし、未来を光り輝かせる。2曲目「Live Justine」は2004年3月、法政大学学生会館大ホールにおけるライブ・テイクで、この後、2年近くライブ活動を休止することになった渾身のステージだ。UBELのギターシンセの高揚感を増長するかのようにスペーシーなシンセを轟かせるのは怒涛のプログレ弾き語りユニット=海賊放送91.5で知られる壮絶テクのベテラン・キーボーディスト=nicolai maruhama blondskayaこと丸濱勉。猛烈な勢いと熱量で夜空に放射される二人のエネルギーを力業で地表に繋ぎとめるのは全世界最注目の叙情派ジャズ・パンク=オシリペンペンズのドラマーとして知られる迎祐輔、オーラミンなどで活躍する名古屋在住の盟友=東内原章人のベース。この最強クァルテットで、断続的ながら現在もAska Templeはライブを行っており、その存在感は文字通り圧倒的だ。

 UBELは「おれは生きてる限り認めてもらえないんや」と売れない純文学作家みたいな弱音を吐くことがある。ちょっと待てUBEL。 Aska Templeは「equinox」を超えて夏至に向かう。このアルバムはそれを確信させる決定盤だ。彼らの灼熱の季節はまだまだこれからなのだ。 【松本亀吉】
スポンサーサイト

テーマ:CD・DVD - ジャンル:音楽

Nichts Records | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<精神病院 | ホーム | A NIGHT BY THE PAVANE>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。