Aska Temple

All about John Ubel and Aska Temple

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

感性 悟性 理性

もちろん、カントの認識論は、感性 悟性 理性がセットになっていて、理性の統合によって、始めて、客体を捉えることができます。
でも、悟性は経験的で、悟性だけでも、数学程度の科学は成り立つんです。理性は、演繹的、先天的、に客体を捉えます。
例えば、感性は、時間と空間で、音楽を聴いたり、絵画を観たりする程度のものです。実際、音楽を作曲したり、絵画を描こうと、したら、当然、悟性と、理性の、実践が必要でしょう。また、理性には、時間がないので、歳を取った老教授とは、感性では、解り合えなくても、理性で解り合える場合もあります。
スポンサーサイト

etc | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<カント「純粋理性批判」を読む Part20 | ホーム | 悟性と科学>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。