FC2ブログ

Aska Temple

All about John Ubel and Aska Temple

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

カント「純粋理性批判」を読む Part7

カント「純粋理性批判」1.先験的原理論 第二部 先験的論理学 第二門 先験的弁証論 第二篇 第二章 第一節

第二章 純粋理性批判の、二律背反

     「すべての先験的理念が、現象の、綜合における、絶対的総体性に、関する限り、私は、これを、世界概念、と、名づける」
     「この概念のめざすところが、まったく、現象の綜合、すなわち、経験的綜合、にあるからである。」

 第一節 宇宙論的理念の体系

     「一 いっさいの現象の所与全体の、合成の、絶対的完全性」
     「二 現象における、所与全体の、分割の、絶対的完全性」
     「三 現象一般の、生起の、絶対的完全性」
     「四 現象における、変化的なものの、現存在の依存性の、絶対的完全性」


     「系列の第一者があって、それは、経過せる、時間に、関しては、世界の、初め」
     「空間に関しては、世界の限界」
     「原因に関しては、絶対的活動(自由)」
     「変化する物の現存在に、関しては、絶対的自然必然性と、いわれる」

     「これらの理念は、すべて、超験的である、点に、関して、世界概念と、名づけられるのが、適切だと、私は思う。」

スポンサーサイト

etc | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<カント「純粋理性批判」を読む Part8 | ホーム | カント「純粋理性批判」を読む Part6>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。