FC2ブログ

Aska Temple

All about John Ubel and Aska Temple

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

THE BEATIFUL VOICE OF RENEE FLEMING/RENEE FLEMING

THE BEAUTIFUL VOICE OF RENEE FLEMING/RENEE FLEMING


 「夏のなごりのバラ」という、邦題のタイトルの、ルネフレミングのオペラアリア歌曲集である。このアルバムを聴くと、亡き母の事を憶い出す。
最期に、入院した、32歳の時、母は、毎日面会に来てくれた。退院後、私は、クラシックのCDばかり、購入するようになった。母は、自宅の庭を、花畑にしていた。僕が、クラシックを聴きだしたのを、喜びながら、
 「あんたの後生大事にしている、ロック音楽は、みんなたいした事ない。」
と、笑った。
 母が、若い頃、ジャズピアニストだったのが、解ったのは、神戸のジャズライヴハウスで、ピアノとシンセサイザーを弾いた時、
 「ピアノの弾き方まで、そっくりだ。」
と、マスターが、母が、ジャズピアニスト兼モデルだった事を、教えてくれた。
 母の葬式が済んだ後、僕は、市内の、ワンルームマンションに住んでいて、或る夜、母の霊が顕われた。調度、この、ルネフレミングのアリア集の、喜歌劇「メリーウィドウ」より「ヴィリアの歌」をかけていた時だった。
 「此処、ええとこや。ええ人ばっかりや、あんたのおかげや、ありがとう!」
と、言って、天国で、幸せにやってる事を、僕に伝えた。
 そういう、想い出のアルバムなのである。

スポンサーサイト

etc | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<DRAW THE LINE/AEROSMITH | ホーム | WALK ON /BOSTON>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。