FC2ブログ

Aska Temple

All about John Ubel and Aska Temple

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

DIFFERENT TRAINS,ELECTRIC COUNTERPOINT/STEVE REICH

DIFFERENT TRAINS/KRONOS QUARTET , ELECTRIC COUNTERPOINT/PAT METHENY STEVE REICH


 ミニマルの巨匠、STEVE REICHの2つの、実験的な作品集である。まず、KRONOS QURTETによる、サンプラーのVOICEと、弦楽四重奏、効果音等からなる、「DIFFERENT TRAINS」第2次世界大戦時の、アメリカの緊張した、社会を、反戦的な、姿勢から、描いている、作品で、KRONOS QURTETは、戦時の緊張感を、うまく弦楽四重奏で、表現している。1930年代から1940年代へと、次第に、緊張していくアメリカ社会の様が、列車を隠喩に、表現されていく。「WAR IS OVER」と、サンプラーで告げられた頃から、演奏は、緊張感から、美しい表現に変わり、非常に、綺麗な音楽世界を最期に繰り広げて、終わる。
 2曲目のPAT METHENYの多重録音による、「ELECTRIC COUNTERPOINT」は、エレクトリックギターの単音弾きを多重録音して、和音を作っている。様々に交差する、エレクトリックギターの旋律が、延々続く、ユニークな曲だ。PAT METHENYは、大変だっただろう。
 STEVE REICHは、ビキニ諸島での、水爆実験のドキュメントDVDもその後、制作している。財団の支援のもと、「THE CAVE」など、反戦的な音楽表現を、繰り広げる。

スポンサーサイト

etc | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<HILARY HAHN PLAYS BACH/HILARY HAHN | ホーム | DESERT OF ROSES/ROBERT MORAN>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。