Aska Temple

All about John Ubel and Aska Temple

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

HOSANNA

NEU NICHTS 017
HOSANNA / Aska Temple
nr017.jpg

1. 回廊CORRIDOR (長谷寺にて)
2. HOSANNA (thismusicisforJESUS)

 Aska Templeの新作は、John Ubelのシンセ多重録音作品。個人的には現時点でのAska Templeの最高傑作だと思う。
 無間の旋律が機織物のように幾重にも交錯し、その上に眩しい光の束が何本も照射されては螺旋状に回転する1曲目「回廊」はジャケットのアートワークのイメージに顕著な高揚感溢れる23分強の力作。しかし、表題曲「HOSANNNA」が、もっと凄い。ワンコードで突っ走る低音に、ピアノと、ハープを思わせる美しいシンセの音色がユニゾンで乱舞する見事な饗宴。パイプオルガンがクールダウンする小節との対比も素敵だ。そして12分を超えたあたりから見たことも聴いたこともない豪胆で強大な太い音像が降臨する展開はもはや畏怖すべき未曾有の領域と呼んで良いだろう。
 先日、私が主催した野外イベントに、このAska Templeを招聘したのだが、その透き通るような音の塊が夕雲に反響し地上に降り注ぐ情景はこの世の物と思えないほど美しく、圧巻だった。2001年の後半も精力的に、また誠実に活動を続けるJohn Ubel/Aska TempleのインフォメーションはHP(http://www.geocities.co.jp/Hollywood-Theater/4494/)でチェック。 【松本亀吉】
スポンサーサイト

テーマ:CD・DVD - ジャンル:音楽

Nichts Records | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<夏への扉 | ホーム | RED ACROSS THE BORDER>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。