Aska Temple

All about John Ubel and Aska Temple

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

Moon Voyage

NEU NICHTS 012
Moon Voyage / Aska Temple
nr012.jpg

1. Moon Voyage part 1
2. Moon Voyage part 2
3. Moon Voyage part 3
4. Moon Voyage part 4

 大阪・難波にある先鋭的アーティストの牙城「ベアーズ」で活躍中のAska Temple。今や、国内でも指折りのサイケデリック・ロック・バンドとして、一般にその知名度が高まりつつある。ご存知のとおり、Aska Templeはリーダー=John Ubelのソロ・プロジェクト的要素が濃く、このアルバムも、Ubelのピアノ独奏の為に書かれた四篇を彼自身がエレクトーンとギターシンセで録音したエレクトリック・ヴァージョンだ。
 これまでの阿鼻叫喚の無間地獄から解き放たれたような爽快かつ内省的なサウンドは、丁寧に混紡されたコード進行によって航海の安定を感じさせ、彼自身の精神の平安をも思わせる。クラウス・シュルツェ、クラスター、ハルモニア、タンジェリン・ドリームなどに通じる宇宙観をエンジンに、月に向かって光の奥へ直進するスーパー・エクスプレス。
 Ubelはもはや狂人ではない。彼は、月光に、太陽以上の放熱を感じる、夜の思索者である。
【松本亀吉】 
スポンサーサイト

テーマ:CD・DVD - ジャンル:音楽

Nichts Records | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<青い花 | ホーム | Time & Space>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。