FC2ブログ

Aska Temple

All about John Ubel and Aska Temple

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

CROSS

NEU NICHTS 007
CROSS / Aska Temple
nr007.jpg

1. ラヴェル/ピアノ協奏曲 ト長調 第2楽章
2. Submarine Love
3. Cross
4. スクリャービン/ピアノ ソナタ 第3番 第3楽章

 ヨハン・ユーベルこと弓場宗治(ゆうば・ むねはる)のレコーディング・プロジェクト 「ASKA TEMPLE」。1999年秋リリースの この作品は、ラヴェル、スクリャービンのピ アノ曲をギター・シンセなどで演奏。クラシ ックの佳曲を譜面どおりに起こす作業は、弓 場という人物の勤勉さを率直に物語る。  私は2曲目に思い入れが強い。もう5、6 年前だろうか、天王寺のリハーサル・スタジ オで、突然、彼が「新曲が出来た」と言い、 私に「お、そうか」と返事する間も与えず弾 き始めたのが、この「Submarine Love」だ ったように思う。MercyあたりのDurutti Co lumnを思わせる憂愁溢れる展開が美しい。 弓場の代表曲のひとつと言っても良いだろう。  表題曲「CROSS」は鍵盤を中心に幾重にも 旋回する無間系サウンド、これも弓場の大き な魅力だ。ラスト曲のジミヘンばりのギター ソロも壮絶な、「今の弓場」100%等身大盤。 【松本亀吉】
スポンサーサイト

テーマ:CD・DVD - ジャンル:音楽

Nichts Records | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<Aska Temple LIVE II | ホーム | ZERO TOLERANCE FOR GUITAR WIND>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。