FC2ブログ

Aska Temple

All about John Ubel and Aska Temple

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

Zdbac嬢の結婚

Zdbac嬢の結婚

         Johann Sebastian Matthew Zdbac Ubel

 1911年に、ヨーロッパを去り、世界中に離散したZdbac家の、一家族が、日本の高知の浜辺に着いた。大金の金銀をヨーロッパから持ち出してきた、Zdbac公は、それぞれ、自分の娘達に遺産分けし、その中の一人の令嬢が、奈良で邸宅を構えようと、丹波市に召使いを買いに来た。現在の奈良県の天理市は、昔、丹波市と呼ばれ、本当に人の売り買いをしていた、売られてくるのは、貧しい漁村や農村の子供達ばかりで、農業労働の人夫などにするために、買いにくる人達と、売る人、売られる子供で、丹波市は、毎日ごった返していた。
 丹波市に着いた、Zdbac嬢は、貧しい日本の子供達が売られてくるのを、眺めて、誰か良い召使いはいないか、と探したが、貧相な子供達の中に、自分の召使いにしたい子供はいなかった。すると、その売られて来た子供達の中に、一際光る、端正な顔立ちのした、
長身の黒人の男の子がいた。Zdbac嬢は、迷わず、そのアフリカ人の男の子を買った。値段は高かったが、大量の金銀をヨーロッパから持ち出したZdbac にとって、日本の物価は気にならなかった。
 奈良の何処かで、邸宅を建てるつもりで、ひとまず、Zdbac嬢は、明日香村の小さな貸家を借りた。そこで、アフリカ人の男の子と住んだ。しかし、Zdbacの令嬢に誤算が起きた。そのアフリカ人の男の子は、先祖代々の酋長の由緒或る家系の息子だった。プライドが高く、Zdbacの令嬢の言う事を聴かないばかりか、ついに、Zdbac嬢に手をかけ、そのアフリカ人とZdbac嬢はできてしまった。二人は、天理教に入信し、石井という姓で、日本国籍を持つ、日本人夫婦になった。そして、天理教の分教会を作るのに、財産を使った。財産の保持を咎める、天理教の教えに忠実に生きた、そのZdbac嬢とアフリカ人の夫婦は、また、同時に、明日香村の外れの丘に、ユダヤ教教会を作った。
 そのアフリカ人と結婚したZdbac嬢の姉は、妹をあざ笑うかのように、ロシア系ユダヤ人と結婚し、同じく、明日香村の近所に邸宅を建てた。そのひ孫、石井瞳は、天理教の分教会の娘でありかつ、ユダヤ教会のマザーでもある、旧姓、石井トミノ、弓武トミノの孫、ヨハンのクラスメイトになり、ヨハンは、ズバ抜けた成績を全て、石井瞳に明け渡し、大阪のミッション男子校に進学した。
スポンサーサイト

etc | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<JOHNUBEL phot by SACHIO HATA | ホーム | 新壺阪浄瑠璃>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。