Aska Temple

All about John Ubel and Aska Temple

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

女を売る館

女を売る館

            John Matthew

 「当方、Westhilllock Love Hotel は使用料ただでございます。ただし足下された女性の方は、一匹30円で女郎屋に売り飛ばされます。」
今日も、Westhilllock家に足下していた女が売り飛ばされる。本人には、30円しか渡されない。Westhillockが受け取るマージンは、女一人につき30万円。無理に建てた豪邸のローンが払えず、破産したWesthilllockは、3億2600万円の負債を抱えている。
 Westhilllockの3兄弟は、向いにMOONTEMPLEのリーダーが住んでいると、女を次々と、館に誘い込み、そして、女達は、猫のように、その館に住み着く。そして、売られてゆく。Westhilllockが売った女の数は100人。一人30万円のマージンを取っているので、
合計3000万円をWesthillockは稼いでいる、しかし、債権保有者には、1銭も返さず居直っている。
 今日も女が30円で売られて行く。行き着く先は場末の女郎屋だ。いったい今は何年なんだろう?女が自分で自分の人権を落として行く。馬鹿な女達は、またWesthilllock家に猫のように住み着くだろう。そして、30万円のマージンをWesthilllockは受け取り続けるだろう。女は30円で売られて行くだろう。
 女を売る館は、今日も喘ぎ声を丘に木霊させている。
スポンサーサイト

etc | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<30円の女郎 | ホーム | ZERO SCIENCE=MUセルフライナーノーツ>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。